探偵に浮気調査を依頼して、気になる相手の行動を調べる

恋人の真実を探偵を利用して探る

浮気調査の活用

浮気調査はお金がかかる

 パートナーが浮気しているかもれ知れないと疑惑をもつと、相手の行動が何もかも怪しくなってきます。そしてなんとか浮気の現場を目撃しようとしますが、なかなか見つけることはできないでしょう。実は最近は浮気をばれないようにするために様々な方法を駆使している場合が多いです。ですので見つけようと思ってもなかなか見つからないという事態に陥ってしまいます。また、そのようにガードが堅い相手は、探偵に浮気調査を依頼しても、結局しっぽをつかむことができず、代金が水の泡になってしまうこともあります。ですので、まず浮気を疑った場合は浮気調査を依頼するのではなく、自分でやってみてほしいことがあります。今回はその中でも携帯電話について紹介します。

確認してほしい携帯電話

自分で行う浮気調査では、大きな手がかりとなるのが携帯電話です。相手の携帯電話の中身を見て、もしくは一緒に行動している時にかかってくる電話を見て非通知という表示はありませんか。実は非通知は意図的に表示させることができます。方法は相手が184の電話設定をしている場合、もしくは電話帳の登録のなかに非通知という登録がされている場合です。後者の場合は確実にあなたに知られたくない人と考えて間違いないでしょう。着信履歴や発信履歴を見て非通知が異常に多い場合は要注意です。そしてもう一つは、電話帳に登録されている電話番号の前に186という番号がついている場合です。これはかかってきた相手が仮に電話帳に登録されていたとしても、名前を伏せて電話番号だけ表示させることができます。このように相手は携帯電話が仮に見られてしまっても対処できる、言い訳できるようなスキルを持っている場合があります。しかしこれは裏を返せば、これらの知識を知っていれば浮気が見抜けやすくなるということです。浮気調査を依頼する前に、一度これらの確認を行ってみてはいかがでしょうか。